MENU

精力増強に効く精力剤に含まれる成分とは?

精力増強に効く精力剤に含まれる成分とは?

 

男性の性に関するものとしては、勃起不全などで使用されるバイアグラ等が広く知られていますが、精力増強に効くものとしては、古くから天然成分を使用した精力剤が使用されています。

 

精力増強に効く動物由来の天然成分とは

 

男性の精力増強に効く動物由来の天然成分は、その名称だけでも精力剤を連想させるものが多く、これらは、古来から利用されてきたものが多くあります。特に、マムシやスッポンといったものは男性の精力剤として、広く親しまれてきた歴史があり、その後においてはオットセイ、また精力を連想させる動物の睾丸やペニスといったものまでが飲みやすい形で商品化が行われてきました。例えば、オットセイなどは発情期になると、1頭のオスが1日に何十頭とのメスと交尾をすることが知られており、睾丸には成分として男性ホルモンが豊富に含まれていることから、精力剤としても高い知名度を誇っています。また、マムシ等の毒蛇に関しても、内臓だけなく、それ自体も精力増強に効くことが知られており、マムシ酒などは観光地などでも販売されているのも目にすることができます。マムシは、精力剤としてはとても知名度が高く、それは、ミネラルやカルシウムが豊富なことに加え、肝臓付近にある胆嚢の強壮効果が、非常に高いことが、その理由となっています。
古来、漢方の考え方として、体の悪い箇所と同じものを食べれば悪いところが治るとされており、そのために様々な動物が食されてきましたが、現在においては精力増強に効くことが認めれており、それは豊富で良質なアミノ酸を含んだ精力剤となっています。人間の体で合成できない必須アミノ酸は動物をエキスや粉末にすることによって摂取することができることになり、そのために高い効果を期待できることになります。
また、スッポンなどは全身や下半身に効果があるだけでなく、摂取をすることで肌がツルツルになることもあり、男性だけでなく、女性にも効果があるものとなっています。そして、他にもハブやコブラ、また海蛇なども効果のある精力剤として利用されています。

 

 

精力増強に効く植物由来の天然成分とは

 

精力剤では精力増強に効くものとして、動物性の他に植物性のものも、古来より多く利用されてきました。動物性に比べて、形なども含めてインパクトが少ないことから、効果的には低く見られがちですが、その多くは、滋養強壮を行う上においては十分な効果を得ることが知られており、市販されている多くの商品においても、広く知られた精力剤となってます。特に植物性では動物性には無い催淫効果があり、使用することによって性的興奮を覚えることになり、勃起を促したり、精力アップにつなげることができます。
例えば、植物性の1つに、広く知られている精力剤として高麗人参がありますが、古来から活性効果のある万能薬として使われており、現在においては新陳代謝機能の向上や精神安定作用、また、中枢興奮作用などの効果があることも認められています。植物性においては、南米原産の植物としても有名なガラナも効果が高いことが知られており、その催淫効果や精強作用が高いことから、究極の天然媚薬ともいわれています。
植物性の精力剤には多くの製品が販売されており、それは、有名なマカやクラチャイダムなどの天然ハーブから様々なものがあります。また、同じ天然ハーブ系ではトンカットアリなども知られており、そこに含まれている成分としても、グリコサポニン、ユリペプチド、カシノイド、アルカロイドといった、精力増強に効く成分が多く含まれています。
植物性は動物性と違い、日常的に摂取されているものも多く、通常、食べてるニンニクなどにおいても精力剤としての効果があり、定期的に摂取をすることによって効果が期待できることになります。
動物性や植物性による精力剤は、そのほとんどが天然由来のものとなっているために、副作用などの心配は非常に小さく、安心して使用できる商品が数多くあります。

このページの先頭へ